分譲住宅って何?注文住宅との違い

一戸建てを建てるには

新築の一戸建てが欲しい時、大きく分けて二つの選択肢があります。分譲住宅と注文住宅です。注文住宅はその名の通り、住宅業者などにいわばオーダーメードで設計してもらう建て方であることに対し、分譲住宅は、まとまった土地に住宅業者がいくつかの家を建てて売るもので、似たようなテイストの住宅が綺麗に並んだような外観になっていることが多いと思います。どちらにせよ、一戸建てを買うという意味では同じなので、どのような家が欲しいか、譲れないポイントは何か、家の形状だけでなく周囲の環境や交通アクセスを含め、よく考えて住宅探しをすると良いと思います。また、住宅業者さんを選ぶにあたっては、住み始めた後も気軽に相談に乗っていただける体制を持っているかも大事なポイントです。

分譲住宅、注文住宅のそれぞれの良さ

分譲住宅、注文住宅それぞれに良さがあります。注文住宅は何と言っても、自分だけのオリジナルの家を持てること。特に家の間取りに影響のある趣味や仕事を持っていたり、キッチンやリビングの広さにこだわりがある場合などは、注文住宅であれば希望を叶えやすいと思います。また、設計段階(もっと前には土地探しから)関わるわけですから、家が経つまでの一連のプロセスを経験できるという楽しみもあります。一方、分譲住宅は、多くの場合建築後の状態を見て検討できることから、イメージと違ったという後悔をすることは少ないです。また周囲に雰囲気の似たお宅が並ぶので街並みが整った感じになることや、比較的同じような家族構成のお宅がご近所さんになる可能性が高いことも魅力です。また、家を購入する時点で価格が明確で、後から費用が膨らむ心配がないことも大きな魅力です。